ツール紹介

  • 主に外部SEOについて測ることができる
    「Moz Pro Open Site Explorer」

    対象ドメインの評価、各ページの評価、被リンク数、リンク元がわかります。
    Moz Pro Open Site Explorer

  • 競合他社のアクセス数、滞在時間、ユーザーの属性がわかる
    「eMark+」

    アクセス数、平均滞在時間、ユーザー属性、利用ユーザーのデータを元に各種属性情報分析も可能。
    無料版も参考になる多くのデータが確認できます。

    eMark+

  • GoogleChromeでサイト制作に役立つ機能を拡張する
    「Google Tag Assistant Recordings」

    サイト改修などを手掛ける場合は様々な拡張機能も利用してください。
    このツールは該当ページにGAなどのタグが入っているか、重複していないかなど確認できます。またどんなデータ(ページビューなど)を送信しているかもわかります。イベントの送信がされているか等の確認に使えます。
    Google Tag Assistant Recordings

  • 更にユーザーについて知る
    「定性分析(インタビュー・モニタリング」

    定性分析(インタビュー、モニタリング)なども重要なヒントを見つけられる手法です。
    店頭にいらした方にアンケートを取ったり、クライアントの商品を一度購入してみることで、ユーザーの視点での課題、改善ポイント、成果を上げるための気づきが得られることがあります。

    また以下のようなツールで自社の商品やURLを検索することでユーザーの声がわかります。
    自社、クライアントについてユーザーがどう思っているか、利用していてどんなことを考えているかを抑えることで改善するポイント、商品を選択する基準などがわかります。

    ・Yahoo知恵袋
    https://chiebukuro.yahoo.co.jp/

    ・教えてgoo
    https://oshiete.goo.ne.jp/

  • 競合他社分析ツール
    「Alexa」

    AlexaもSimilarWebと同様、競合他社分析が可能です。
    Alexa

  • 競合他社の分析が可能
    「SimilarWeb」

    精度はおおよそとなりますが、セッション数や直帰率など、様々な競合他社のデータを分析ができます。
    SimilarWeb

  • 簡易Googleアナリティクス
    「Page Analytics」

    GoogleChrome(ブラウザ)の拡張機能。 ブラウザ上部にGoogleアナリティクスのデータが表示され、さらにどこがクリックされたかわかるようになります。
    Page Analytics

  • SEO代替手段
    「Google Search Console」

    どんなキーワードで自社サイトにやってきているか、Googleのクローラーが確認できていないページはないかなどがわかります。
    Google Search Console

  • 競合のサイトを丸裸に
    「Screaming Frog SEO Spider Tool」

    以下のリスト化が可能。全URL、アウトリンク、レスポンスコード、ページタイトル、ディスクリプション、メタキーワード、h1、h2、画像ファイル、検索エンジン用の指示関連。またXMLサイトマップの作成も可能。
    Screaming Frog SEO Spider Tool

  • 関連する画像を表示する
    「Google画像検索」

    検索語に合った画像が出てくる。 検索結果画像からそのビジネスの理想のゴールをイメージすることに使うこともできる。
    Google画像検索