勤めていた会社を都合により退職し、その後次の職場を探している際、 今の自分の実力が通用するか心配な方もいらっしゃるかと思います。 「職業訓練」はその際に考慮すべき手段の一つです。

目標とする業界で必要とするスキルが身に着けられる

職業訓練とはその業界で使う専門的な知識、スキルを短期間で身に着けることができる場所です。 自分が転職したい業界、業務に対し、知識や技術が足りないと感じている方は、それらを教えてくれる職業訓練コースがあれば有効な選択肢となるでしょう。そして職業訓練は大抵「無料」で受講できるのです。

学習するだけでなく、条件によっては給付金も支給!

職業訓練を受ける際、条件を満たしていると、場合によっては給付金が支給されることもあります。 条件に合うようでしたら是非申請したいところですね。

給付金支給要件

次の要件を全て満たすことが必要です。

 

  1. 本人収入が月8万円以下(※1)
  2. 世帯全体の収入が月25万円以下(※1、2)
  3. 世帯全体の金融資産が300万円以下(※2)
  4. 現在住んでいるところ以外に土地・建物を所有していない
  5. 全ての訓練実施日に出席している(※3) (やむを得ない理由がある場合でも、支給単位期間ごとに8割以上(※4)の出席率がある)
  6. 世帯の中に同時にこの給付金を受給して訓練を受けている人がいない(※2)
  7. 過去3年以内に、偽りその他不正の行為により、特定の給付金の支給を受けたことがない

 

※1 「収入」とl\は、税引前の給与(賞与含)、事業収入、役員報酬、不動産賃貸収入、各種年金、仕送り、養育費その他全般の収入を指します(一部算定対象外の収入もあります)。 「世帯全体の収入」は、事前審査において前年の収入が300万円以下であることを確認します。

※2 「世帯」とは、本人のほか、同居または生計を一にする別居の配偶者、子、父母が該当します。

※3 「出席」とは、訓練実施日に全てのカリキュラムに出席していることをいいます。ただし、やむを得ない理由により訓練に遅刻・欠席・早退した場合で、1実施日における訓練の2分の1以上に相当する部分を受講したものについては、「1/2日出席」として取り扱います。

※4 「8割以上」の出席率とは、支給単位期間ごとに訓練実施日数から欠席した日数と「1/2日出席」した日数を控除して出席日数を算定(端数が生じた場合は切り捨て)し、支給単位期間ごとに訓練実施日数に占める当該出席日数の割合が8割以上であることを指します。

面接

就職のための武器が身に着けられる!

職業訓練に参加すると就職の際の多くの強みを作ることができます。 これは就活にはとても大切なことです。

 

 例えば弊社で行っているのはウェブ業界に就職、またはウェブ担当者として企業に就職することを前提とした職業訓練コースですが、ウェブ業界の求人では何故か「経験者のみ申込可」という不思議な文言をよく目にします。

 

経験していないと求人に申し込めないというのはどこで経験すればよいのでしょうか・・・?

 

そういった際、職業訓練校での訓練は現場での経験に近いものを得られる場所として有効なので、 例え経験していなくともダメ元で、「実はこういう学習を現在していまして・・・」と企業に打診することで、 経験はなくともこれくらいの知識を持っているのであれば多少の実践経験を積めば・・・と考えてくれるかもしれません。

コースによっては資格の取得も可能

再度弊社の話で申し訳ないですが、弊社では「ウェブ解析士」「GAIQ」という資格取得を目指した授業もカリキュラムとして入っています。 これらの資格は現在大手代理店、ウェブ制作会社をはじめとした多くの企業で学ばれています。

 

これらの資格を取得することは、それらの職場で働いている人たちと同じ基礎知識が身につくということになり、 それだけ現場での教育をしなくとも短時間での教育で即戦力となれる可能性が高いということが言えます。

資格

職業訓練コースを選択する際に気を付けるべき点

必要な知識を必要なだけ身に着けられるか

 

実はこれを書いている私(後藤塾代表 後藤)も過去に職業訓練を受けたことがある人間です。 そのときに感じたのは、カリキュラムがかなり無茶な内容だったということです。

  • HTMLとCSSを用いたコーディング
  • JavaScriptを用いたゲーム作成
  • Photoshop / Illustratorを用いたデザイン作成

など、「プログラマー」や「デザイナー」になるための授業ラインナップでした。 ただ、その後卒業生の人たちとお話をしてみるとプログラマー、デザイナーに慣れた人はほんの一握りでした。人間が簡単に一つの専門分野のプロになれるわけがないのです。 自分がその後、終業後の業務に役立ったと思えたのは学んだことの「10分の1」程度でした。 ※ご注意いただきたいのは教えてくれた講師はとても丁寧に指導してくれました。 しかし、デザイナーやプログラマーになるには長い時間と場合によっては「センス」が必要です。

職業訓練を選択する際、気を付けたいのは学ぶ際に自分に本当に必要なスキルは何か、 次に進みたい進路にぴったりと合っているカリキュラムか、ということです。 人生の中で貴重な数カ月を有意義に過ごすためにも、 自分の志望する進路にぴったり合うカリキュラムのコースを選択して有意義な時間としていただければ幸いです。

 

更にその業界、業種が今後市場が伸びるのか、将来性を見極めることも大切です。 同じ努力をするにしても伸びる業界であれば努力は報われ、 縮小していく業界では中々報われない結果になってしまいかねないのです。

 

例えばウェブ業界はウェブ制作の業界は10年前からほぼ、市場規模が変わっていませんが、 ウェブマーケティングの業界は10倍近い規模に変わってきています。 ウェブ制作会社が現在苦境に立っているのはこのためで、 現在価値のあるウェブマーケティングスキルを学ぶことで世の中で求められている知識、技術が身につき価値のある仕事ができるようになるのです。

 

ちなみに弊社で学んで頂くカリキュラムは幅広く採用していますが、 デザイナーやプログラマーになっていただくためのコースではありません。 基本的にはその上流であるウェブディレクターやウェブ担当者という、 サイトや広告を用いてどのようにウェブで成果を上げていくかを学んでいただきます。 その際にデザイナーに指示を出したり、多少は修正したりすることができるスキルを身に着けていただきます。

職業訓練校を選択する際にチェックするべきポイント

環境は学習をするのに相応しいか

見学会などを開催していることも多いと思いますので、 実際にどんな環境なのか押さえておく必要があります。 実は弊社では以前、高田馬場の教室で授業を行っていたこともあったのですが、 大通りに面していたため、あまりにもうるさくて新宿の現在の拠点に引っ越しをしたということがありました。 学習環境は大切です。

教える講師陣は現場で使える知識を伝えているか

せっかく技術を学んだとしても、それが就職後の現場で活かせなければ意味がありません。 どんなスキルが身につくのか、どんな講師が指導するのかは押さえておくべきでしょう。

ちなみに授業を教えている講師陣は現場で働く現役の方も多いため、実務で押さえるべきスキル、経験を授業で伝えています。

通学しやすい箇所にあるか

毎日のように通う場所なので、通学しやすい立地にあると良いですね。 ちなみに職業訓練は2回遅刻をすると欠席扱いとなりますので遅刻も要注意です。

就職支援は適切か

学習後の就職支援もぬかりなくやってくれるか、 また専門のキャリアコンサルタントが在席しているかも大切なポイントです。 弊社ではキャリアコンサルタントが常駐していて、就職だけでなくキャリアの相談にも応じています。

卒業した後のフォローはあるか

期間中しっかりと学んだとしても、就職した後の現場では学んでいなかったことを求められるということもあります。 なので業界によっては職業訓練を卒業した後も引き続き学び続ける必要がある業界もあります。

弊社では月に1度、勉強会を開催しており、興味のある回に参加することが出来ます。

終わりに

職業訓練は長い期間のようであっという間に過ぎてしまいます。 是非人生の中で有意義な時期だったという時間を過ごせるよう、悔いのない選択をしていただければ幸いです。

20179762_1417793188297475_1168718777_n