ツール紹介メインビジュアル

Googleアナリティクスで使えるパラメータ一覧&使い方

流入元を確認する際に有効なパラメータの活用方法

競合他社の流入キーワード、広告利用状況がわかる
「Ahrefs」

流入キーワード、キャンペーン、被リンク数、リスティング広告やその他の広告の利用状況、LPなどが確認できます。

自社、競合他社の検索順位がキーワードごとにわかる
「Rank Reporter」

Google、Bing等の検索順位を取得できるツール。
自社サイトと競合サイトの順位を自動で定期的にチェックでき、検索順位の推移をキーワードごとに閲覧可能。

GoogleChromeでサイト制作に役立つ機能を拡張する
「Google Tag Assistant Recordings」

サイト改修などを手掛ける場合は様々な拡張機能も利用してください。
このツールは該当ページにGAなどのタグが入っているか、重複していないかなど確認できます。
またどんなデータ(ページビューなど)を送信しているかもわかります。イベントの送信がされているか等の確認に使えます。

更にユーザーについて知る
「定性分析(インタビュー、モニタリング)」

定性分析(インタビュー、モニタリング)なども重要なヒントを見つけられる手法です。
店頭にいらした方にアンケートを取ったり、クライアントの商品を一度購入してみることで、ユーザーの視点での課題、改善ポイント、成果を上げるための気づきが得られることがあります。

また以下のようなツールで自社の商品やURLを検索することでユーザーの声がわかります。
自社、クライアントについてユーザーがどう思っているか、利用していてどんなことを考えているかを抑えることで改善するポイント、商品を選択する基準などがわかります。

・Yahoo知恵袋
https://chiebukuro.yahoo.co.jp/

・教えてgoo
https://oshiete.goo.ne.jp/

簡易Googleアナリティクス
「Page Analytics」

GoogleChrome(ブラウザ)の拡張機能。 ブラウザ上部にGoogleアナリティクスのデータが表示され、さらにどこがクリックされたかわかるようになります。

ページの課題が定性でわかるヒートマップツール
「Ptengine」

ユーザーがどこをクリックしたか、どの部分で離脱したか、どこを注視しているかがわかるツール。

関連する画像を表示する
「Google画像検索」

検索語に合った画像が出てくる。 ※検索結果画像からそのビジネスの理想のゴールをイメージすることに使うこともできる。

任意のキーワードの検索ボリュームを把握する
「Googleキーワードプランナー」

どのようなキーワードがどの程度、世の中で検索されているか知ることが出来るツール ※Googleアドワーズを利用していないと使うことが出来ない。

ユーザーからアンケートを収集できる
「アンケートはてな」

ユーザーのニーズや目的などを把握する際にアンケートで集計できるツール。 最大200人から10項目以上アンケートが非常に安く取得できる。

キーワード検索数の推移がわかる
「Googleトレンド」

そのキーワードが過去にどれくらい検索されたか、どんな国から検索されたかがわかる。複数のキーワードによる比較も可能。比較も可能。

Google/Yahoo/Bing 検索順位チェックツール
「GRC」

各検索エンジンの検索結果順位を把握できるツールです。

Googleで検索された際の同時使用ワードがわかる
「Googleサジェスト」

Googleで検索された際に、併せてどのようなキーワードで検索されているか知ることが出来るツール。